知識を身につけて認定看護師を目指す

kango(7)医療の現場では、さまざまな職業の人が働いています。

特に、医師や患者を適切にサポートする
看護師の果たす役割が大きくなっていて、
看護師は高いスキル・知識を身につける必要があります。

いくつかの分野において、高い水準の看護を実践していくために、
認定看護師という制度が設けられるようになりました。

認定看護師は、医療現場で本格的な
看護を行うことができる看護師です。

認定看護師になるには、看護師として
5年間以上の実務経験を積まなければなりません。

気をつけなければならないのは、
看護師として5年間の勤務をしても、
それだけで認定看護師になれるわけではない点です。

認定看護師は、20以上の分野において認定されるもので、
自分が資格を取得したい分野で
3年間以上の実務経験を積む必要があります。

認定看護師が活躍する分野としては、
救急看護、集中ケア、緩和ケア、訪問看護、
糖尿病看護などがあります。

自分の経験・興味を踏まえて、
分野を決めることが大切です。

どの分野での看護に従事するとしても、
高いスキル・知識が必要とされるので、
常にスキルアップを図る姿勢を持ち続けることが大切です。

認定看護師になるためには、
教育機関においてカリキュラムをこなす必要があります。

平日の日中に行われることが多いため、
通うことを検討している人は、
勤務先と十分に相談をすることも重要です。

資格を取得することは大切ですが、
通常の勤務も疎かにすることはできないので、
周囲の協力が欠かせません。

1位 ナース人材バンク

jinzai1
紹介実績No.1の看護師専門転職支援サービス

大規模なコミュニティサイトも運営している会社なので、看護師の悩みや事情にも精通しています。
転職の必須条件ともなりえる給与、待遇の良さなど、また個人ごとに異なる細かい希望条件をしっかり汲み取って、全国に200人ほどいるナース人材バンクのコンサルタントに親身にサポートしてくれますよ。

こんな方にお勧め!!

  • 休日重視!とにかく休みがしっかりと取れる
  • 高給与・高収入の案件を重点的に探したい
  • 希望の病院を選びたい

2位 ナースではたらこ

hatarako1
顧客満足度ランキングで1位

「的確な転職先を紹介してくれる」「安心して友達に勧められる」「担当者が話しやすい」といった口コミが寄せられているようです。
求人情報も充実していて、全国約9万件の情報を掲載。年収や勤務体制など一般的な情報をもらえ、利用者の78%が給与アップを実現しています。

こんな方にお勧め!!

  • 充実した仕事を目指し、スキルアップして自分を磨きたい
  • 子育てをしながら理解ある職場へ復職したい
  • 今の仕事内容を変えずに給与アップしたい

3位 マイナビ看護師

mainabi1
利用者の96%が「満足」と回答

頼れるキャリアコンサルタントが常駐。転職サポートのプロです。
「長く勤められる職場を見つけたい」
「もっとやりがいの持てる職場を探したい」
一人ひとりにマッチした理想の転職先が見つかります。

こんな方にお勧め!!

  • 今の仕事を続けながら転職活動をしたい
  • 病院の雰囲気など、求人誌ではわからない情報も知りたい
  • ブランクがあるので、研修を受けたい


コラム記事一覧


記事保管所

eナースなとの求人サイト看護師転職でスキルアップするには?

kango(3)
看護師の方で転職を考えている方は、eナースやナースセンターなどの
看護師専門求人サイトなどを日々チェックしていることでしょう。

でもせっかく転職するのなら、看護師としてスキルアップしてから
転職するということを考えたことはありますか?

それは認定看護師・専門看護師の資格を
取るということです。

認定看護師・専門看護師ともに、日本看護協会の
資格認定制度で、専門的な知識を身につけ看護の質を
より上げるためにある制度です。

認定看護師は、特定の看護分野において、高い水準の看護実践(実践)
・看護職に対しての指導(指導)・コンサルテーション(相談)の
3つの役割を果たし、看護の質向上を図ります。

認定看護師になるには、看護師免許取得後、
実務研修5年以上(うち3年以上認定看護分野)ある人が、
認定看護師教育機関(課程)修了。

修了(6か月・615時間以上)後に、
認定審査を受けて合格する必要があります。

専門看護師は、卓越した介護実践(実践)・コンサルテーション(相談)
・コーディネーション(調整)・倫理問題解決(倫理調整)・教育的役割(教育)
・研究活動(研究)の6つの役割を果たします。

そして、看護の質向上とさらなる
保健医療福祉の発展を図ります。

専門看護師になるには、看護免許取得後、看護系大学院修士課程修了者で
日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の
所定の単位(総計26単位または38単位)を取得。

または実務研修5年以上(うち3年以上専門看護分野)などを経て、
認定審査を受けて合格する必要があります。

認定看護師・専門看護師が看護ケアをした場合、
診療報酬である保険点数が加算されます。

また、特定の医行為をできるようにしようという
特定看護師制度も新たに動き出そうとしています。

認定薬剤師と認定看護師の転職に便利なサイトもあります

sumaho06認定薬剤師や認定看護師の転職に便利なサイトもありますので、
そのようなサイトに登録することがおすすめです。

無料で登録することができるので、
複数のサイトに登録した方がいいでしょう。

登録しないと見ることのできない
非公開求人というものがあるサイトもあります。

そのサイトにしかない求人ですから、
登録しない限り見ることも、応募することもできません。

例えば認定薬剤師の求人は、
次のような認定薬剤師を対象としています。

その認定薬剤師の資格を持っている
薬剤師でなければ応募資格がないもの。

持っていることが望ましいもの、
転職後にサポートするので現時点では取得していなくてもいいもの、
などがあるので、しっかりと求人内容を確認してください。

研修認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師、
がん薬物療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、
精神科薬物療法認定薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師。

妊婦・授乳婦薬物療法認定、薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、
緩和薬物療法認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師。

プライマリ・ケア認定薬剤師、在宅療養支援、
薬剤師、救急認定薬剤師、認定指導者(認定指導薬剤師)、
スポーツファーマシスト。

該当する専門薬剤師の取得を視野に入れているのであれば、
そのこともアピールすることによって、
転職が有利に運ぶこともあるかもしれません。

もちろん転職のためだけに、
そのようなアピールをするわけではありません。

ですが、やる気や情熱を見せることにはつながりますし、
そのためのサポートをしてくれることもあるかもしれません。

3月頃が狙い目!病院への転職に有利な認定看護師

kyujin01薬局から病院へ、そんな転職を考えている
薬剤師の方は多いかと思います。

最先端の医療に溢れており、
薬剤師としても飛躍的に成長できる場であります。

しかし実際に勤務すると仕事はきつく夜勤も疲れる、
さらに医師のいびりがあったり等、問題は様々ですが、
それでも病院で勤務したい!という方は多いでしょう。

でも薬局から病院への転職ってまず無理でしょう?
と諦めている方がほとんどでしょうが、
諦めてはいけません。

まず、インターネットで求人情報を検索してみてください。

すると、あれ?と思うほど病院での求人は多数でてきます。

しかし、ここで注意していただきたいのが、
このように求人募集しているほとんどの病院が慢性期であること。

急性期の病院はほとんどの枠が新卒者で埋まっており、
さらに求人があったとしても立地が悪いとか、
建物が古いなどといった問題があります。

じゃあ、テレビドラマに出てくるような
病院に中途採用で入ることは無理なのか?
無理ではありません。

答えは、病院の欠員が出やすい
3月を狙い紹介所に登録することです。

紹介所では病院の欠員を網羅していることが多く、
さらに3月は新卒の内定者が国家試験に合格できず内定辞退、
そして欠員が出るなんてことがざらにあります。

さらに年々薬剤師資格合格率が低くなっていることから、
そのチャンスは増しています。

薬局から病院へ、中途採用で転職を考えている方
3月ごろを目安に紹介所に登録することで
そのチャンスに恵まれるかもしれません。

また、看護師の転職をお考えの方は、
認定看護師の資格を持っていると
転職に有利なのは言うまでもありません。

薬剤師の転職に有利な資格?認定薬剤師と認定看護師

kango(5)転職を考えている薬剤師は、認定薬剤師の資格を持っていると
技術と知識の証明となります。

認定薬剤師には次のような種類があります。

がん薬物療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、
精神科薬物療法認定薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師、
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師。

日本医療薬学会認定薬剤師、研修認定薬剤師、
小児薬物療法認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、
プライマリ・ケア認定薬剤師、救急認定薬剤師。

抗菌化学療法認定薬剤師、腎臓病薬物療法認定薬剤師などがあります。

同じような資格に専門薬剤師がありますが、
専門薬剤師の中には、認定薬剤師を取得した後でなければ
取得できないものもあります。

また、専門薬剤師はなく認定薬剤師だけがある資格もありますし、
専門薬剤師しかない資格もあります。

認定薬剤師の資格は、一度取得すれば
永遠にその資格が認められるものではありません。

定期的な更新が必要な資格であることから、
この認定薬剤師を持っている薬剤師の知識や技術は
高く保たれていることの証明にもなります。

待遇面や仕事のやりがいということでも
メリットになると考えられます。

一方で、認定薬剤師の資格を十分に活かす職場となると、
ある程度限定されることもあるかもしれません。

しかし、特定の分野の知識や技術を
より深めたいと考える薬剤師にとっては、
その能力を証明することにもなります。

資格の取得や維持が、
目標やモチベーションになることもあるでしょう。

看護師資格でも認定看護師の資格が重要な意義を持つように、
認定薬剤師の資格が転職に有利であることにはちがいありません。

認定看護師になっておくと転職に有利

kango(8)転職をする際には、しっかりと計画をしておくことが肝心です。

特に薬剤師の人にとっては、
看護業界のことも知っておくとより転職が簡単になります。

そんな気になる転職ノウハウについて知っておきましょう。

より高度な役職になるために、
薬剤師の人でも看護の資格を取るということが
行われるようになっています。

こういったことは大変大事で、
未だに労働市場では希少価値がありますから、
有利に転職をしていくといったことが可能なのです。

加えて、仕事の幅も看護師などの資格があれば
かなり広がってきます。

処方もより効果的になりますし、
実際に薬の効果が現れたかどうかといったことも
確かめやすくなるのです。

そんな看護師資格でも、認定看護師になっておくことは
かなりの価値があります。

認定看護師になれば業務の範囲が広がりますし、
信頼もされるようになります。

とはいえ、薬剤師と看護師を兼ねてやっているようだと
認定看護師を取るのは難しいかもしれません。

認定看護師を取るために看護師に
専念してみるというのも良い選択でしょう。

実際、認定看護師を取った人というのは
かなり努力していますから、かなり勉強しないといけません。

とはいえ、そう言った努力も報われるのが
認定看護師ですから、目指す価値はあるでしょう。

認定看護師があれば、薬剤師としては
大病院でのより自由な働き方が可能になります。

持っている薬剤師も少ないので
職場のリーダーになるといったことも珍しくありません。

認定看護師が活躍できる場を見つける

sikaku06
医療の現場では、医師や看護師といった
職業の人が働いています。

医師をサポートしながら、
患者が安心できる環境を作るために働く看護師の役割は、
非常に大きなものになりました。

看護師として転職活動をする場合は、
しっかりとスキルアップを図ることを
意識する必要があります。

適切な看護を行うことを可能にするため、
認定看護師という制度が設けられています。

認定看護師は、特定の分野において、
専門的な知識や技術を駆使して看護に当たります。

看護師として身につけてきたスキルを活かすには、
1つの現場で仕事をするだけでなく、
転職活動をして新しい現場に飛び込んでいくことも重要です。

ただし、認定看護師になるには認定審査を受け、
合格することが必要なので、日頃から十分な知識と技術を
磨いていくようにしなければなりません。

認定看護師は、20以上の分野で
活躍するチャンスがあります。

救急、糖尿病、感染管理、不妊症など、
重要性の高い分野が中心となっていて、
高度な知識が必要不可欠です。

認定看護師として働くためには、
看護師免許を取得した後、
5年以上の実務研修を受けている必要があります。

その上で、専門の教育機関で所定のカリキュラム
修了することが求められます。

そして、筆記試験に合格することで
認定を受けることができます。

認定看護師になった後も、
技術・知識を向上させる努力を継続し、
5年ごとに書類審査による更新をしなければなりません。

医療を向上させるために、
認定看護師が重要な意義を持っています。