知識を身につけて認定看護師を目指す

kango(7)医療の現場では、さまざまな職業の人が働いています。

特に、医師や患者を適切にサポートする
看護師の果たす役割が大きくなっていて、
看護師は高いスキル・知識を身につける必要があります。

いくつかの分野において、高い水準の看護を実践していくために、
認定看護師という制度が設けられるようになりました。

認定看護師は、医療現場で本格的な
看護を行うことができる看護師です。

認定看護師になるには、看護師として
5年間以上の実務経験を積まなければなりません。

気をつけなければならないのは、
看護師として5年間の勤務をしても、
それだけで認定看護師になれるわけではない点です。

認定看護師は、20以上の分野において認定されるもので、
自分が資格を取得したい分野で
3年間以上の実務経験を積む必要があります。

認定看護師が活躍する分野としては、
救急看護、集中ケア、緩和ケア、訪問看護、
糖尿病看護などがあります。

自分の経験・興味を踏まえて、
分野を決めることが大切です。

どの分野での看護に従事するとしても、
高いスキル・知識が必要とされるので、
常にスキルアップを図る姿勢を持ち続けることが大切です。

認定看護師になるためには、
教育機関においてカリキュラムをこなす必要があります。

平日の日中に行われることが多いため、
通うことを検討している人は、
勤務先と十分に相談をすることも重要です。

資格を取得することは大切ですが、
通常の勤務も疎かにすることはできないので、
周囲の協力が欠かせません。



一押し記事一覧