薬剤師の転職に有利な資格?認定薬剤師と認定看護師

kango(5)転職を考えている薬剤師は、認定薬剤師の資格を持っていると
技術と知識の証明となります。

認定薬剤師には次のような種類があります。

がん薬物療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、
精神科薬物療法認定薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師、
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師。

日本医療薬学会認定薬剤師、研修認定薬剤師、
小児薬物療法認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、
プライマリ・ケア認定薬剤師、救急認定薬剤師。

抗菌化学療法認定薬剤師、腎臓病薬物療法認定薬剤師などがあります。

同じような資格に専門薬剤師がありますが、
専門薬剤師の中には、認定薬剤師を取得した後でなければ
取得できないものもあります。

また、専門薬剤師はなく認定薬剤師だけがある資格もありますし、
専門薬剤師しかない資格もあります。

認定薬剤師の資格は、一度取得すれば
永遠にその資格が認められるものではありません。

定期的な更新が必要な資格であることから、
この認定薬剤師を持っている薬剤師の知識や技術は
高く保たれていることの証明にもなります。

待遇面や仕事のやりがいということでも
メリットになると考えられます。

一方で、認定薬剤師の資格を十分に活かす職場となると、
ある程度限定されることもあるかもしれません。

しかし、特定の分野の知識や技術を
より深めたいと考える薬剤師にとっては、
その能力を証明することにもなります。

資格の取得や維持が、
目標やモチベーションになることもあるでしょう。

看護師資格でも認定看護師の資格が重要な意義を持つように、
認定薬剤師の資格が転職に有利であることにはちがいありません。



一押し記事一覧